千葉バイブルバプテスト教会(千葉市中央区)|聖書Q&A|失望したとき

失望した時

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ8章28節

この世で生きるということは、様々な中を通らなければなりません。精神的な苦しみや肉体的な苦痛、友人に裏切られたり、目標を見失い挫折して生きる希望を失うことさえあります。私たちは、このような苦しみを避けて生きることはできません。では、失望した時、私たちはどう生きればよいのでしょうか?

聖書は神様からの約束の言葉で満ちています。この約束の言葉は、時代が移り変わっても、生活様式が変わり、人々の関心が変わっても、神様の約束は決して変わりません。私たちは、神様のご計画の中でこの世に生かされています。私たちが神様を知っていても、知らなくても、すべての人は神様のご支配の中で生かされているのです。人間は、神様を見ることができませんが、聖書のみ言葉は、神様の存在とこの世の一切の権威を神様がお持ちであることを教えています。

 私たちの生活の様々な出来事は、神様の許しのうちに導かれていると、クリスチャンは信じています。自分にとって最悪と思える生活であっても、神様の許しの中で生かされていると信じているのです。ですから、神様のお言葉に目を留めるのです。助けを必要としている者にとって神様の言葉は、慰めに満ちています。たとえ絶望と思える状況の中に置かれても、神様がすべてを働かせ、最善に導いて下さるとみ言葉の約束を信じるのです。

なぜなら、神様が永遠に変わらないみ言葉の約束を下さっているからです。神様は、私たちが最悪の生活を経験を通ることによって、神様のみ手の導きを受けることによって、最善であった。と告白する事が出来るように、神様を信じる者を導いてくださるお方なのです。

神様を信じて生きようと願う者には、生きる希望と力を神様はみ言葉によって与えて下さいます。

希望を失っている時、一度神様の素晴らしいお取扱いを経験してみては如何でしょうか?

皆さまの上に、神様の助けが与えられますように祈り、願っております。

神様を信じることについては、遠慮なく教会の牧師にお尋ねください。

DSC04910.JPG

ローマ8章28節

ページの先頭へ


千葉聖書バプテスト教会教会のご案内

牧師 石川安義先生のご紹介

協力牧師 故・望月次郎先生のご紹介

各種集会のご紹介

カルバリ

カルバリ

リンク

お問合せメールフォーム

交通機関のご案内 地図・案内

聖書を読んでみたい そんな方のために

聖書のことで 聞きたいことが

聖書のお話を 聞いてみたい

聖書のお話を 聞いてみたい

教会員ページ